Sun. 2007.06.17
15:39:17

MTのダイナミックパブリッシングでMTOnThisDay

MTで今回はじめてダイナミックパブリッシングをやりはじめました。快適です。再構築の時間にストレスを感じていたので、もっと早くからダイナミックパブリッシングしとけばよかったとすら思ってます。
もうさくさくですのでさくさくエントリーしまくり、ブログライフをエンジョイしたいと思ってます。

でもひとつ問題が。

今まで使ってたプラグインで、別の年のエントリーを表示させる「MTOnthisDay」というのがあったんですが、これがダイナミックパブリッシングにしたら動かなくなった。
この「MTOnthisDay」は僕にとってなくてはならないプラグインだったため、どうしようかいろいろ検索してたら「Perl版ダイナミック・パブリッシング」というプラグインを発見。

Perl版ダイナミック・パブリッシング
ブログの各ページにアクセスがあった時点で、動的に再構築を行うようにします。エントリー数が多くて再構築に時間がかかるブログでは、再構築を大幅に削減することができます。また、Movable Type本体にあるダイナミック・パブリッシングとは異なり、大半のプラグインも問題なく動作します


との事。

うおーーー!!これだ!!ということで早速インストール。

動きました、よかったです。

PS.
こないだなんか「MTOnthisDay」のおかげでまたすごい事に気づいたんです。

2007.06.08 MovableType4.0を入れてみた
2006.06.08 MT3.3を使ってみた

6月8日はMTの日だ!

Fri. 2009.06.26
10:18:49

Come Together - Michael Jackson



マイケルなら生き返ってくれると思う

Thu. 2010.03.11
00:18:05

その土曜日、7時58分

久々に映画をエントリー

その土曜日、7時58分

大好きなフィリップ・シーモア・ホフマンなんでそのうち観ようかなと思ってたんですけど、WOWOWでやってたんで録画してたのをさっき観ました。

とんでもなく救いがなくて間違いなく絶望してしまいますけど、こういう映画好きです。

監督は『十二人の怒れる男』のシドニー・ルメット(85歳)ですよ。(観終わった後に気づいた)

現役だったという事にさらにびっくりしました、なんかいろいろすいません。
シドニー・ルメット
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009-07-03

シドニー・ルメット
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2009-11-20


Fri. 2007.05.04
23:41:46

GW前半戦を振り返ります(三日目)

4月30日(月)の出来事

「映画観に行きたい」と長男の方が言い出したので、電車でグランベリーモールのシネコンまで行きまして、家族みんなで楽しんできた。

もちろん映画好きの僕らとしては、やっぱ「バベル」だよね・・・って感じだったんだけどもちろん「クレヨン」を鑑賞。

まあ、面白かったのでよかった。
次男の方は映画館初体験で最初っから眉間に皺を寄せ、険しい剣幕で鑑賞していたけど開始5分で寝てましたので、やはり「バベル」にしとけばよかったと思った。

そんな3日目

Fri. 2009.02.27
23:13:30

社内を歩き回ってる時に思う事

うちの会社ってみんなパソコンに向かって仕事してるわけなんですが、社内を歩き回ってるときに「タンパク(社内SNS)」や「お仕事がんばるくん(ペパボ社内業務アプリ群)」や「コーポレートサイト」や「サービスの顧客管理システム」や「サービスのコンパネ」や「ログピ」や「Teiten」や「Sanco」や「daiskip.com」などなど、自分が作ったり関わったりしたものをみんなが使ってる姿を頻繁に見かけるんですね。(最後の3つはそんなに見かけません)

何が言いたいかというと、そういう後ろ姿をみるのはすごく嬉しいんだけど、「あーー、なんかそこアレだよね、わかるわかる」みたいな。なんというか、いい意味で嫌な汗が出てくるみたいな?(いい意味で嫌な汗が出てくるってなんだよ)

社内ツールみたいなのって、こういう仕事をしている僕らにとっては最高の実験場所なんだよな。いろんなことが試せるし、実際に感想をヒアリングできるし、ダイレクトに効果が見える。

入社したてのデザイナーとかプログラマーとか、いきなりサービス担当するんじゃなくて、こういうのやってみるのいいかも。

入社したてじゃなくても気分転換にやってみるとか。(別にやんなくてもいいです、僕がやるので)


そんな事を思った金曜の夜。