Tue. 2007.10.23
23:21:00

APMT3 - 2007 NOV 17TH - BankART NYK



ヘテムルができる前、APMTに行っていたく感動し、そこで栗田さんと出会って、ヘテムルにも絡んでもらったり、リリースパーティーやったり、今も別のプロジェクトに絡んでもらってたりと・・・

ペパボにとっては、APMTってかなりターニングポイントになったイベントなんだなぁと、あらためて思う今日この頃です。

2には行けなかったので3には是非行きたい!

APMT1 の模様
APMT SP の模様(へテムルリリースパーティー)
APMT2 の模様


■本日のブックマーク
POLAR BEAR BLOG: 情報革命が5分で分かる - information R/evolution(tags: youtube)

今日もブックマーク少ないなぁ(いい感じ)

Wed. 2009.02.04
22:58:08

血液型 自分の説明書メーカー

A型福田大介さんの説明書

あー、確かにきれいに並べたがるわ、俺。

Sat. 2009.01.10
12:06:22

ハプニングをみた

植物大戦争

ものすごおもしろいやんけ
個人的にはシックスセンス超えた

(2009-01-09)
Amazonランキング:49位
Amazonおすすめ度:

5

Thu. 2006.07.27
00:50:18

TVピープル

2001年宇宙の旅の冒頭シーン

突如出現したモノリスを訝しげに見守る猿人たち。
その中の一匹の猿人がモノリスに触れる。
この猿人は進化というダイナミズムの波に乗り、道具を手にするようになる。

ここにひとつのシステムが存在しています。
ここにはシステムだけがあります。
システムを運営する会社、スタッフ、そういうものは存在せずただシステムだけがある。

ある人がこのシステムの存在に気づき、オーダーする。
システムは完成されたものですので、その人からのオーダーにきちんと反応し、サービスを提供します。
その人はサービスに満足し対価を支払います。
この、いわゆるユーザーと呼ばれる人たちは次第に増え始め、オーダーし対価を支払い続けます。

もちろんサービスを提供しているわけですからサービスの提供者というのは存在するはずです。
でも今はいないのです。

いつのことかわかりませんが、きっとこのシステムが出現した頃にはいたのでしょう。
でも今はいないのです。

では、サービスをきちんと運営していけるのでしょうか?
それができるのです。

形は様々ですが、これまでも「ユーザーコミュニティ」というスタンスのものは、いろいろと存在してきたかと思います。
この形が発展し「ユーザーによるサービス提供者的スタンスのコミュニティ」が形成されはじめたのです。
システム管理を自発的に行うユーザーグループ、ユーザーサポートを自発的に行うユーザーグループ、マーケティングを自発的に行うユーザーグループ、宣伝活動を自発的に行うユーザーグループ、システムの開発やデザインを自発的に行うユーザーグループ・・・。もちろん彼らにはそれなりの対価が支払われます。

そうこうしているうちに、このシステムはどんどん進化していったのです。

---------------

仕事が終わり、自宅のソファで冷蔵庫から出したキーンと冷えたビールを飲みつつ、つまらないTVをみていたら、うとうとしはじめ、眠りに落ちる寸前に「あ、TVピープルっ」と、よくわかんないつぶやきの後眠りについて、先ほど冒頭の夢を見たため飛び起き、「あ、海外でのんびりして、一年に一度だけにコンビニのATMに引き出しにくればいいじゃん」と思ったわけですので、忘れないようにブログしてみました。(ブログしてみましたて)

あと、コンビニ?

P.S.
ちなみに目が覚めたとき、テレビはスカパーの「インディペンデンスデイ」を放送してて、
ちょうど大統領の演説のくだりだったためか、こぶしを握り「イエッ」って言った。

Fri. 2008.01.04
17:46:37

12月16日に撮った写真

年賀状用の写真を撮らないと!という事で、多摩川に撮りにいったんだけど、結局使わなかった写真。

この日、天気がとても良かった。